読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40%を生き抜くプラチナスマート

2020年には高齢化率40%と言うけれど。そんな時代でも僕らは生き抜くのだ。

介護職特化の求人サイト『カイゴジョブ』は、自分にあった求人を比較検討できる!

『カイゴジョブ』は、月間60万人が利用する介護向けの求人情報サイトです。 先日まで関西圏でTVCMが放送されていたので、ご覧になった方も多いかも。

注意喚起!『高齢者サポート事業』でトラブル続出?気を付けるべきこととは?

消費者委員会は、注意喚起を出しました。 『高齢者サポート事業』について、現在様々なサービスが提供されていると思いますが、料金を支払った後に会社が倒産した、契約通りに履行されない、などの苦情が相次いでいるという。

団塊世代が全員75歳以上になる2025年に何が起こるのか?

【2025年問題】と呼ばれているものがあります。 最近よく耳にする言葉かと思いますが、2025年に何が起こるのかご存じですか?

介護福祉士の受験者が半減!人材不足が加速し、合格率も6割程度に。

今年1月にあった介護福祉士の国家資格、受験希望者が激減! 受験申込者は、前年度の約半分まで下がってしまった。

関東圏随一、那須高原の四季を感じられる絶景の露天風呂

関東圏で露天風呂を楽しむなら、その数は限られています。 栃木県の那須高原に、その絶景と言える露天風呂があります。 それが松川屋・那須高原ホテルです。

国は高齢者を切り捨てるのか?「高齢者は75歳から」に隠されたデメリットとは?

日本老年学会と、日本老年医学会の提言により、高齢者が「75歳」からに引き揚げられる可能性が出てきている。 65歳ではまだまだ元気で高齢者とは言えない、という意見には概ね同意出来る。 だが、75歳から高齢者と政府が定義することで、なにかメリットはあ…

見えるから安心!スマホを通して高齢の親を見守る【ホームセキュリティサービス】について

世間では、超高齢化社会に向けて、介護サービスが続々と登場しています。 2016年秋、日本郵政が「みまもりサービス」を開始すると発表した。 これは生活支援全般で、NTTドコモ、セコムなど8社と新会社を作り、地域の郵便局員が高齢者宅を訪ねて状況を確認す…

准シニア層の60代70代の6割が「まだやり残したことがある」と答えた真意は?

60代70代のアンケートで、『終活』という言葉の認知率は80%となった。 殆どの方が『終活』の意味を知っているということです。 そして、半数以上が「時期が来れば終活を行いたい」と答えたと言います。 みなさんは知っているだろうか、『終活』の意味を。

シニアと呼ぶには早すぎるけど、50歳以上から利用できる【おとな割プラン】でお得に温泉で骨休めを!

いま巷では、65歳から高齢者と呼ぶのは早すぎる。高齢者は75歳からだ、と騒がれているようです。 これはゴシップネタではなく、日本老年学会と日本老年医学会が、国へ提言したことです。 世の中色んな学会があるものですね。 「日本老年学会」のウェブサイト…

【高島屋オンラインストア】のギフトで、ウィンターギフトからシニアファッションまで揃えられる!

シニア層に絶対的な人気と安心感をもたらしているお店が、高島屋です。 中には三越派と言う方もいるでしょうが、三越・伊勢丹・高島屋は3店は鉄板ですね。

中年以降の男性の悩み。尿酸値を下げて【痛風】に怯えることなく過ごすためには?

40代以降の男性にとって、避けては通れないのが高尿酸値です。 高尿酸値のなれの果てが、『痛風』ですね。 あれは激痛です。まるで骨折したかのような痛みが3日ほど続きます。 痛くて寝られない、痛くて動けないなんてことも。 骨折の痛みを抱えながら普通…

プロパンガスの適正価格をご存じですか?高すぎるガス料金を是正する!

一軒家の多くが、まだプロパンガスを利用しています。 しかしプロパンガスは公共料金ではないことをご存じですか?

シニア層に絶大な人気を誇る、冬に行きたい【温泉地】とは?

最近、めっきり寒くなって北は積雪が続き、 関東でも木枯らしに身を震わせることが多くなりました。 この時期に身体をいたわるのでしたら、やはり温泉でしょうね。

2017年1月から【介護休業法】が変わる?介護のために休みを取りやすくなる!

2017年1月から介護に関する休業制度が変わります。 もちろんお勤めする会社によって差異はありますが、 基本的には「育児・介護休業法」という法律に則って制定されています。 そのガイドラインが少し変わるのです。

10万から!1ヶ月から!最大14.5%の高利回りも可能の全く新しい投資【ソーシャルレンディング】のすすめ

ソーシャルレンディングをご存じですか? 海外、欧米ではよく知られた種類の投資なのですが、 日本に上陸してからはまだ日が浅く、知名度も低いのが実情です。 ソーシャルレンディングは、 【貸付型クラウドファンディング】とも呼ばれています。

老後に余裕のある暮らしをするために、早いうちから【中古マンション投資】の準備を!

老後の3大不安の1つが、『経済不安』です。 今では世代を問わず、老後の資金の心配をしているようです。 メディアなどでは、老後の生活には『1億円必要』という内容を目にし、焦りを感じる方も多いかと思います。 しかしそれは大袈裟です。

【ふるさと納税】の専用サイト『さとふる』を使って、日本全国の特産品を手に入れよう!

ふるさと納税。 聞いたことはある、という方は多いと思いますが、実際どんなものかご存じですか? 実はふるさと納税、利用者にとっても自治体にとっても、とてもメリットの大きい制度です。

保険を見直す時期に来ていませんか?保険の相談は無所属のファイナンシャルプランナーに!

いままで生命保険と言えば、 気になる会社に問い合わせをした流れで、説明を受けるがままに入ってしまったり。 保険のセールスで「他と違ってうちがいいポイント!」だけを鵜呑みにして入ってしまったり。 念のため入っておいた方がいいから、と深く他社と比…

人生のパートナーに巡り会うのは、幾つになっても遅いことはない

人生長く生きていれば、色々なことが待ち受けています。 人生半ばにして、パートナーを失うこともあるでしょう。 理由は様々です。その人なりの理由があるでしょう。 世界に目を向けると、アメリカでは80代同士のパートナーが生まれたりすることも、珍しく…

日本で唯一のサービス。シニア向けのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)をご存じですか?

最近は常用語のようになっている【SNS】のお話です。 ご存じの方も多いかと思います。 【SNS】とは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスのこと。 つまり、社会的ネットワーク。 人と人とのつながりと促進・サポートするツールやサービスのことを言いま…

【貯蓄の勧め】改正年金機能強化法が可決。納付期間25年から10年に。

変化し続ける年金制度についていけるか? 改正年金機能強化法が参院本会議で可決。成立した。 改正法は来年8月に施行され、 10月から新たに約64万人が年金を受けられるようになる。 受給するには、本人か代理人が年金事務所に請求書を提出する。

時間に融通の利くシニアの方にこそオススメしたいのが【ブログアフィリエイト】です

リタイア後、どのように過ごすか決まっていない方にこそ朗報 定年後は『趣味のために生きる!』という方も多くいらっしゃいますが、 とりあえずはのんびり過ごしたいという方も多いと思います。 その、とりあえずのんびりが数年経ってきますと、 不思議な話…

ご飯を作るのが生き甲斐という人もいますが、たまには楽をするのも悪くない

毎日買い物にいくことは、大変な作業です。 気分転換の散歩ならいいですが、重たい食材を持って歩くのは別。 もはや重労働です。 すぐ近所にスーパーがあれば別ですが、なかなかそんな好条件の立地に住んでいる方もいないはず。 そんなときに利用したいのが…

シニアシフトに失敗し続ける企業たちと超高齢社会

2007年、そして2012年に企業たちはシニアシフトを考えていた。 しかし2016年現在、それに成功した企業は少ない。 色々な誤算とミスを繰り返している。 そしてなおもシニアシフトは成功していない。 一概にシニア層といっても60代、70代、80代、90代、と4つ…

2020年には高齢化率40%と言われているけれど

私自身も中年。 そして両親はもう「高齢」と分類される年齢です。 しかし一昔前にイメージされていた「高齢」と違って、必死にスマホを弄ったりインターネットをしたりする両親です。 私は仕事柄パソコンを使っているので、両親には何年か前に「インターネッ…